障害を持った子供がいる。

1人では安全に財産管理をすることが難しい…という子供がいる場合、悪徳業者から

騙されるかもしれない、財産がバラバラになってしまうかもしれない…などと様々なリスクがあります。そんな時家族信託がとても有効です。

・障害を持った子供(受益者)に遺す財産を長期にわたって確実に管理し、受益者への給付ができる

・障害を持った子供の保護制度(受託者への監督機能)がきちんと整っている

・受益者連続型信託が可能である。


親亡き後の対策として家族信託のみならず成年後見制度の活用、遺言書作成など複数の対応策を組み合わせてプランニングをします。

これはセクシャルマイノリティの方にもご提案できます。

少しでも将来に不安が残る…そのような方がいらっしゃれば是非弊所にご相談下さい。



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示