相続と共有不動産

一昨日zoomにて相続診断士会の研修会に出席いたしました。

内容は【相続と共有不動産】講師は私が尊敬してやまない

木野綾子先生(第一東京弁護士会)でした。

不動産は共有にしない方がよい…とは聞きますがなぜそうなのか、

基本的なお話からグループワークでそれぞれ参加者の皆さんとの

具体的な事例、そして、先生がっこれまで関わってこられた事例を

もとに学びました。頭の中で自分だったらどのようにすればベストな提案になるのか

かなり悩みました。

不動産を共有にすると共有名義人が相続によって増えて権利関係が複雑になる。

売却となれば共有者全員の合意が必要。相続手続きをずっとされないでいて共有者が

何十人、100人を超えるなんていう事案も起きています。

私の自宅の近所にも相当長い間そのままで草刈りにだけ来られている家がありますが、

おそらくはその様なご事情なのかもしれません。

特に不動産についての相続対策はしっかりと生前からしておいた方が良さそうです!



閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示