届出済証明書(ピンクカード)が届きました。


 昨日、長野県行政書士会から届出済証明書(通称:ピンクカード)の送付がありました。ようやく、二人とも取次行政書士の資格を持つことができました。ピンクカードの交付は2月下旬頃と思っていたので、思いのほか早く取得することができました。

 取次行政書士とは、行政書士の中で、在留資格認定証明書交付申請、更新、変更などの取次を行うことができる資格を持った人のことです。本来、在留資格の申請などは、外国人本人が出入国在留管理庁(局)に出頭して、行わなければなりません。しかし、外国人の代わりに申請が許されている資格者が、この取次行政書士ということです。また、申請書の作成、補足の添付書類の収集などについて、外国人に適切なアドバイスを与えることができることも、取次行政書士に認められた権限です。

 これで、いよいよ法人化へ向けて動きだすことができます。現在作成中の定款には既に「出入国関係申請取次業者に係る特定社員」と記載してあるので、ピンクカードがないと公証人の認証を受けることができませんでした。法人化のための次のステップは、電子定款の作成と公証人による定款認証となります。


 

 

閲覧数:84回

最新記事

すべて表示